TEL:0532-32-6971営業時間 9:00~12:00 14:00~19:00
定休日 日曜日・祝日

WEB予約はこちら

野球肩とは|治るまでの期間は?原因から予防法まで解説します

  • HOME
  • お知らせ
  • 野球肩とは|治るまでの期間は?原因から予防法まで解説します

近年、野球肩の予防に注目が集まっています。少年野球チームや野球部に所属する選手は、目先の大会も重要ですが、将来のことを考えて練習量を調整する必要もあるでしょう。

ケガに泣かされる選手を減らすためにも、野球肩を理解し、予防に努めなければなりません。今回は野球肩の原因や予防法について解説していきますので、肩の痛みに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

野球肩とは

野球肩とは、野球選手に多く見られる肩関節障害の総称です。肩が緩んでいるように感じたり、肩甲骨が外れているように感じたりすることもありますが、通常は投球中や投球後の痛みが問題となります。特に投手の場合、肩に大きな負担が何度もかかることで、さまざまな症状を引き起こします。

 

野球肩の症状

典型的な症状は、肩が引っかかるような感覚やロックされるような感覚、特定の動きによって生じる肩の痛みです。腱の損傷がひどくなると、断裂することもあります。仮に上腕二頭筋腱が断裂すると、上腕に鋭い痛みが生じるようになります。

 

野球肩の原因

野球肩の痛みは、腱板の腱が炎症を起こしている場合の典型的な症状です。痛みの正確な原因はわかっていませんが、腱に過剰なストレスがかかることで発症するといわれています。これは、短期間で急激に練習量を増やした場合に起こります。

通常、腕に過度のストレスがかかった場合、通常の治療で回復させることが可能です。具体的には、以下のよう治療が有効とされています。

 

・短期間の投球を控える

・投球後にアイシングを行う

・抗炎症薬を使う

・リハビリのための運動を行う

 

これらの治療法が効かない場合は、痛みの原因として考えられるほかのものを検討する必要があります。たとえば、肩関節が緩みすぎているために痛みが生じているというケースがあります。靭帯が過度に引き伸ばされて、肩関節の負担が大きくなっていることで痛みが発生することも珍しくはありません。

 

野球肩の改善法

野球肩の治療法としては、さまざまな方法があります。まずは、投球後のアイシングです。氷のうを肩に当てることで、腫れや炎症を抑えることができます。

また、抗炎症薬で痛みや炎症をやわらげることも可能です。非ステロイド性抗炎症薬は、医師からの処方箋が必要ですが、なかには市販されているものもあります。

また、理学療法で肩の可動域を改善し、関節を支える筋肉を強化するという方法も有効です。理学療法では、肩の後ろ側の筋肉や靭帯の硬さに焦点を当て、肩の前側を強化させます。これにより、損傷した肩周りへの負担を軽減することができます。 仮に改善が見られない場合は長期の休養も検討しつつ、監督やコーチ、トレーナーに相談してみましょう。

 

投球制限で野球肩を防ぐ

特に学校の部活動の場合、たくさんの試合をこなすために少数の投手に負担が集中するケースも少なくありません。そのため肩に大きな負担がかかり、つらい痛みに耐えている投手も多くいます。

USAベースボールの医療・安全諮問委員会でも、1試合あたりの投球制限を推奨しています。若い野球選手によく見られるケガの多くは体の酷使によるものなので、指導者側の意識も高める必要があるといえるでしょう。

また、肩の損傷はヘッドスライディングの際にもよく起こります。デッドボールや選手間での衝突でも起こるので、それらのリスクも含めて試合や練習に臨む必要があるといえます。

 

手術が必要な場合もある

症状の程度によって、手術が必要となる場合もあります。どのような手術を行うかは、ケガの状態や年齢などを考慮して決められるため、医師との相談が必須です。

仮に手術を行った場合、術後4~6週間後からリハビリを開始します。リハビリでは、まず柔軟性に焦点を当て、ストレッチで可動域を改善させていくケースが多いです。治癒が進むにつれて、トレーナーは肩の筋肉と腱板を強化するためのエクササイズを追加しつつ、プログラムを徐々に拡大していきます。

肩の様子を見ながら投球動作を再開し、プレーに必要な筋肉を鍛えるトレーニングも同時に行っていきます。通常、2~3ヶ月ほどで改善するといわれていますが、人によっては長引いてしまう場合もあるため、根気強くトレーニングを続けていく必要があるといえるでしょう。

 

まとめ

今回は野球肩の原因や改善法について解説してきました。野球肩はオーバートレーニングや突発的な事故などによって起こり、悪化すると長期の休養が必要となります。投手だけでなく野手にも見られる症状なので、ストレッチやアイシングなどを十分に行い、予防や改善に努めていきましょう。